トランス脂肪酸は不妊の原因?!

ご存じですか、「トランス脂肪酸」


 ケーキやパン等によく使われるショートニングやマーガリン、カレーやシチューのルー、ポテトチップスやチョコレートに使用されている食物油のほか、電子レンジで作るポップコーン、純植物性生クリーム、お惣菜のフライ、冷凍食品などに含まれています。わりと身近な食品に多く使用されていることがわかります。

トランス脂肪酸はどんなもの?


 
巷であふれかえっている「トランス脂肪酸」。なんと、アメリカなどでは既に国を挙げて規制対象となっている脂肪酸なのです。しかし日本では、その危険性に対する法的措置は何もとられていないのが現状です。
トランス脂肪酸とは、
不飽和脂肪酸のうち、炭素に付く水素原子が二重結合を挟んで向かい合って存在する構造を1つ以上持つものを言います。食品では、天然に含まれているものと、油脂の加工や精製の過程で作られてしまう(人工的な)ものがあります。天然のものは、反芻して食物を消化していく牛や羊の肉のほ、か牛乳や乳製品に微量含まれていますが、こちらはアメリカでも規制の対象にはなっておりません。

トランス脂肪酸には危険がいっぱい?!


美味しそうなケーキ。この中に一体が隠されているのでしょうか。

なぜ「トランス脂肪酸は控えた方が良い」といわれるのでしょうか。

それは、心臓疾患やメタボリックシンドロームのリスクを高めてしまう作用が確認されたからです。しかも、脂質に関しては、LDLコレステロールを上げるだけでなく、HDLコレステロールまでも下げてしまうのです。ですから飽和脂肪酸より「血管を脆くさせる作用がとても強い」と言え、摂取量の規制がかかるのでしょう。他にも、記憶力の低下、皮膚疾患などの作用も確認され始めています。

日本人はどのくらい摂取しているの?


日本人1人当たりのトランス脂肪酸摂取量は、エネルギー換算値で0.3%と、WHOの勧告する1%未満という最大摂取量の基準を十分に下回っています。
しかし、「外食が多い」・「(安価な)菓子パンをよく利用する」・「食事はお菓子で済ませる」・「レトルト食品や加工品の利用」・「ファーストフードの利用」・「ストレスによるお菓子過剰」といった内容の偏った食生活をしている方はこの限りではありません。勤勉で生真面目な日本人は日々忙しく食生活は乱れがち。また抱えるストレスから、脳が欲するままに「糖分」を摂っており、2010年の報告では、同数値が女性では0.8%、男性は0.7%と跳ねあがっており、その原因に「お菓子」が挙げられているからです。

トランス脂肪酸は、妊活時にNG


新しい命をはぐくむための時間に「早すぎる」「まだ先・・・」はありません。

授乳中にトランス脂肪酸を摂取し過ぎると母乳中に移行し、免疫機能が作動してしまい、アレルギーやアトピー体質になりやすくなるということもあるようが、何より注目したいのは、やはり「不妊の原因にもなる」ということです。免疫機能に作用するので、精液の質や卵巣機能、子宮内膜にも影響を及ぼします。血流も悪くなり、糖尿病などは悪化していきます。それらを避けるには、トランス脂肪酸含有率の多い食品をできる限り食べないようにすること、食品を選ぶこと、これは非常に大切なことになります。
そのほかにもう1つ意識していただきたいことがあります。それは「子どもへの親としての責任は、妊活中の食事から始まっている」ということです。
生殖器は、人体に有害とされる物質の吸収が良い臓器ですので、体内に取り込む「食品の質を選ぶこと」は「子どもを守ること」に通じることなのです。

トランス脂肪酸対策には・・・


昨今、四季に関係なく商材が出回りますが、「旬」の食べ物を大切にすることが妊活UPに繋がります。

「食事は手作り」。これに尽きます。自分で食材を選び、丁寧に愛情を込めて、料理する。やはり大切なことなのです。

しかし、食品を毎回選んで料理することは、難しい事もあります。そのような時のために日々できることは、免疫作用を強くしておくことです。つまり、抗酸化作用のある食品を意識して摂り入れ、強いカラダを作ることです。妊活中は、特に各栄養素が体内でその機能を最大限に発揮し、さらに免疫機能を高めることは求められますので、栄養補助食品としての「マルチビタミンミネラルのサプリメント」の利用は、栄養素の過不足を調え、カラダのバリア(免疫)を強化できますので、トランス脂肪酸に負けないカラダを保つには最適です。(プレママプラスの葉酸&マルチビタミンサプリメント「トータルサポート」は、内容をさらにパワーアップして販売しておりますので、ぜひご利用ください。)

トータルサポート
https://premamaplus.com/product/detail/5

水村 あや

水村 あや
の記事をみる

 プロフィールを見る

●管理栄養士
●鍼灸師
●プレママプラス開発者

【略歴】
管理栄養士、鍼灸師。
東京農業大学農学部栄養学科管理栄養士専攻卒業後、介護老人保健施設、透析クリニック、日本赤十字社、海上自衛隊、保健福祉センターに勤務。
在職中は学会発表を行うほか、オーダーメイド医療に積極的に取り組む。しかし栄養相談を行っていく上で、西洋医学の分野では説明のつきにくい内容に悩むことが増え、東洋医学に注目。一転、鍼灸師を目指す。
呉竹鍼灸柔整専門学校を卒業し、現在に至る。


関連記事


おすすめ記事