原発性卵巣不全(早発閉経)について

最近20代から30代に閉経してしまう、という早発閉経(POF)が増えてきているそうです。
なぜ生理がなくなるかというと、何らかの原因で卵巣の機能が停止し、女性ホルモンを産生しなくなったためです。

ホルモン検査でFSHが異常に高く、かつ生理が止まって4~6カ月以上経っているとその可能性は高いようです。

早発閉経(POF)の症状

症状としては閉経時と同様のほてり、寝汗、気分が落ち込みやすい、集中力の低下などがあります。

妊娠を望む場合はホルモン補充や高度生殖医療も視野にいれながら治療を行う必要があります。

 

予防法

予防法としてはやはり自分の基礎体温をしっかりチェックして自分の生理周期や状態を知ることで早期発見が可能となります。

また、2周期以上生理がこない場合は放置せず、産科婦人科を受診されることをお勧めします。

AMH検査で将来卵子となる原始卵胞の数がわかりますが、卵巣の機能低下と共にAMHの数値も下がりますので検査を受けてみるのもいいかもしれません。

 

早発閉経(POF)にならない為の注意

また過激なダイエットや過剰なストレス、慢性疲労などとの関連性も指摘されています。

ダイエットはやはり少しずつ体重を減らす方法が体や心への負担が少なくていいようです。

ストレスや疲労などは過剰になる前に休むべき時はしっかり休んで、しっかり休んだらまたバリバリ働く、というリズムが必要かと思います。

ストレスを発散する自分なりの方法を幾つか知っておくのもいいですね。
わかっているけど、なかなかそれが上手くいかない時もあります。

 

そんな時などは私達の鍼灸がお役に立てるかもしれません。

【杉山愛さんもご愛用の妊娠の為のお灸!プレママプラスあったかブレンドお灸】

患者様に寄り添い、一緒にストレス発散や妊娠しやすいカラダづくりに取り組みましょう!

適度な運動とバランスの取れた食生活、そして十分な睡眠を取ることでより健康的でホルモンバランスの整う生活を送りましょう!

徐 大兼

徐 大兼
の記事をみる

 プロフィールを見る

●アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス 院長
●アルメディカ株式会社 代表取締役社長
●プレママプラス考案者
●日本不妊カウンセリング学会 認定 不妊カウンセラー

【略歴】
鍼灸師・日本不妊カウンセリング学会 認定不妊カウンセラー。
東京・青山の不妊治療専門「アキュラ鍼灸院」院長。
地域のドクターと連携し、ベストな治療計画を提案している。
現在は不妊鍼灸ネットワークを設立するなど、不妊鍼灸の啓蒙活動を極的に行っている。 また、養生・食育をベースに、オリジナルサプリメントやお灸の開発にも取り組んでいる。
著書に『カラダを温めれば不妊は治る!』があるほか、生活総合情報サイト「All About」にて不妊治療・東洋医学ガイドを務める。


関連記事


おすすめ記事