セックスレス大国ニッポンの現状とは!

生活情報サイト「オールアバウト」へ2015年に投稿した記事 『妊娠しやすい時期とタイミング法について』いまだに沢山の問い合わせをいただいています。

その記事でも書いてある通り、妊娠する確率をあげるには、妊娠したいと思った周期にできれば4回程度、タイミングを取っていただくことをお勧めしています。

しかし、不妊大国と世界から呼ばれている日本は世界で一番セックスレスな国でもあるのです。

その根拠を示すデータをお示ししたいと思います。

 

他国より、大幅にセックスの回数が少ない国?

まずは下記、コンドームメーカー日本デュレックス社の発表した「世界各国のセックス頻度と性生活満足度」をみていただくと、日本はなんと、、、、、他国を大きく引き離して、一番左下に位置しています。

セックスに対する満足度の低さ、回数の低さが際立って目立ちます。

一番悲しいのは性生活の満足度が日本はなんと15%!!!これでは、不妊大国となってもうなずけます。

 

セックスレス夫婦急増中?

さらに、日本家族計画協会の資料を見てみると、セックスレス夫婦の動向は年々上昇していることが分ります。(下記図参照)2001年の28%と比べると、2016年は有配偶者の約半数近くがセックスレスになってしまってます。

日本のコンドームメーカーの相模ゴム工業も「ニッポンのセックス」についてアンケートをとっていますので、よろしければ参考にしてください。 https://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/times_sex.html

特に不妊治療世代と呼ばれている40代の1か月の平均セックス回数は男性1.9回、女性1.6回です。
日本に蔓延しているセックスレス状態を解決するには、日本人一人ひとりが心身両方の健康を心から目指さないといけないと私は思います。

その模範となるべきは医療に携わる医療人(医師・看護師・薬剤師・鍼灸師・理学療法士など、国家資格保持者)と健康に関する職についている職人(エステティシャン、美容師、アロマセラビストなど)です。

 

セックスレス打破に大事な事

しかし、現状はその真逆。

特に日本ではたばこを吸う医師の数がアメリカに比べると非常に多いように私は感じます。

また、日本の医療システムでは根本治療というよりは、対症療法といって、出てきている症状に対して薬を処方したり、手術をしたりして治すのが主流になっています。

食生活、生活習慣などの見直しについて、真剣に取り組んでいる医師は皆無です。

それはそのはず、病気の予防には保険適応できないからです。

また、日本は保険が充実しているため、病気になったら莫大な医療費がかかってしまう国とちがい、健康に対する意識が非常に低いようです。

そのようなことが、巡り巡ってセックスレスを引き起こしているのではないでしょうか?

 

アキュラ鍼灸院ではまずスタッフが健康でいることを第一に考えています。

健康でいて、はじめて、患者様の健康は扱うことができるのではないでしょうか?睡眠不足や疲れがたまった人の施術は受けたいはずがありません。

私たちはワークライフバランスも重視しております。

別に、私たちのスタッフの性生活が旺盛(笑)といっているのではありませんが、まず健康であることが、セックスレスを少しでも減らすためには必要ではないかと考えています。

徐 大兼

徐 大兼
の記事をみる

 プロフィールを見る

●アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス 院長
●アルメディカ株式会社 代表取締役社長
●プレママプラス考案者
●日本不妊カウンセリング学会 認定 不妊カウンセラー

【略歴】
鍼灸師・日本不妊カウンセリング学会 認定不妊カウンセラー。
東京・青山の不妊治療専門「アキュラ鍼灸院」院長。
地域のドクターと連携し、ベストな治療計画を提案している。
現在は不妊鍼灸ネットワークを設立するなど、不妊鍼灸の啓蒙活動を極的に行っている。 また、養生・食育をベースに、オリジナルサプリメントやお灸の開発にも取り組んでいる。
著書に『カラダを温めれば不妊は治る!』があるほか、生活総合情報サイト「All About」にて不妊治療・東洋医学ガイドを務める。


関連記事


おすすめ記事