妊活と食養生『えごま油』

今回は不妊治療の「食養生」でとても効果的ではあるが、まだあまり知られていない『えごま油』を紹介させていただきます。
えごま油は、シソ科植物のえごまという植物の種子を絞って作られた油です。不妊以外にも美容や健康の面でも効果があると言われています。

なぜ『えごま油』は妊娠しやすい体づくりに効果的なの?

えごま油にはアルファリノレン酸というn-3(オメガ3)系多価「不飽和脂肪酸」が含まれています。

不飽和脂肪酸にはn-3、n-6、n-9の3種類がありますが、最新の栄養学によるとこのn-3とn-6のバランスが重要だとされています。そのバランスはn-3とn-6の比率が1:4といわれています。

しかし、n-6系脂肪酸は加工食品や食用植物油に大量に含まれているため、ファストフードや外食を利用する方は過剰に摂取してしまいます。なので、現代社会の多くの方々が脂肪酸のバランスをとることが難しいです。バランスが崩れn-6系脂肪酸の過剰摂取になると炎症傾向になりやすくなり、アレルギーなどの多くの病気の原因になると言われています。『えごま油』を摂取することでそのバランスを調和することができます。

『えごま油』に含まれるオメガ3脂肪酸の効果は以下になります。
*コレステロール値の低下、動脈硬化の予防
*アレルギーなどの炎症症状の緩和
*便秘改善効果

またn-3脂肪酸の摂取が、男女ともに不妊治療に有効な効果を示した研究結果もあるそうです。
オメガ3脂肪酸が多く含まれた『えごま油』を摂取し、栄養のバランスが整うことで、体のバランスも整えられれば、妊娠しやすくなるということですね。

『えごま油』の摂取の方法


『エゴマ油』1日あたりの摂取量が「小さじ1杯程度」が目安になります。

えごま油は熱にとても弱いので、摂取する際の注意点が『加熱しないこと』です。
なので、ドレッシングにしたり、お豆腐にかけたり、飲み物に混ぜたりして摂取するのがオススメです。

ちょっとした日々の工夫で栄養のバランスが取られ、妊娠しやすい体づくりができるのでぜひ実践してみてくださいね。

*カラダに良い油でも、「油」には変わりません。脂質の多い食品や調理法との組み合わせに考慮し、油分の摂り過ぎにはご注意下さい。

水村 あや

水村 あや
の記事をみる

 プロフィールを見る

●管理栄養士
●鍼灸師
●プレママプラス開発者

【略歴】
管理栄養士、鍼灸師。
東京農業大学農学部栄養学科管理栄養士専攻卒業後、介護老人保健施設、透析クリニック、日本赤十字社、海上自衛隊、保健福祉センターに勤務。
在職中は学会発表を行うほか、オーダーメイド医療に積極的に取り組む。しかし栄養相談を行っていく上で、西洋医学の分野では説明のつきにくい内容に悩むことが増え、東洋医学に注目。一転、鍼灸師を目指す。
呉竹鍼灸柔整専門学校を卒業し、現在に至る。


関連記事


おすすめ記事