妊活時はアルコールもほどほどに

多少のお酒は心身に良い影響

妊活とお酒の関係を考えてみましょう。
最近は、女性がお酒を飲むことに対する否定的な意見は以前より少なくなっています。また、女性も社会的に男性と同等の責任を求められるようになったせいか、その男性顔負けの酒豪や、自宅などで毎日晩酌するという女性もいるようです。

江戸時代に『養生訓』を著した貝原益軒は、「酒は天下の美禄なり」と述べており、少量のお酒を飲むことはとても健康にいいと説いています。また、最近の文献などからも少量のお酒はストレスをやわらげ、血行をよくし、食欲を増進させることがわかってきました。

しかし『養生訓』にもあるように、「多く飲めば健康を害す」のです。
1988年デンマークで行なわれた、20歳から35歳で初めて妊娠しようとしている430名の女性を対象にした調査研究によると、ワインを一週間1杯〜15杯飲む女性280人のうち179人(64%)は6周期以内に妊娠し、5杯以上飲む女性は136人のうち75人(55%)、そして男性ではそれぞれ134人のうち90人(67%)と、282人のうち164人(58%)という結果が出ました。

また、1週間に10杯以上飲む人は、5杯以下しか飲まない人に比べ、妊娠の確率がさらに半減します。つまり、アルコールを飲みすぎると妊娠率は下がるという結果が報告されているのです。

妊活中にお酒を飲むなら温めて

少しのお酒は心身に良いのですが、妊娠したいのならば、飲むお酒は、できれば温かいもの(お湯割りか、熱澗)をおすすめします。

特に、よく冷えたビールは身体を冷やしますし、材料となる麦自体も身体を冷やす性質を持っているので、妊娠を望む場合はあまり身体に良くありません。ビールは最初の一口が本当に美味しいので、最初だけにして後は熱燗の日本酒、ウイスキーや焼酎のお湯割りを楽しみましょう。

妊活中は、飲むお酒の量を特に気をつけて

人によってアルコールの分解酵素をどれだけ持っているかが違うため、お酒に強い、弱いは個人差があります。

一般的には1日に日本酒なら3合(540ml)、ビール500ml缶3本、ワインならグラスで6杯程度の多量飲酒を毎日、何年も続けると、アルコール依存症になったり、身体のあちこちに害が生じてくるといわれています。
若いときからこのように毎日多量の飲酒を続けていれば、肝臓や腎臓などになんらかの障害が出てもおかしくありません。できれば日本酒は1/2合まで、ウイスキーなどの度数の強いものはお湯割りにしてグラス2杯(30ml)程度にした方が良いでしょう。

もしあなたが原因不明の不妊という診断を受けていたり、高度生殖(妊娠)医療を受けている場合は、お酒を完全に止めてみるのも良いかもしれません。お酒を止めることで、卵巣刺激ホルモンや甲状腺ホルモンなどの検査数値やご自分の体調にも変化が見られる場合もあるでしょう。

一方、男性の場合はお酒の飲み過ぎがセックスに直接影響を及ぼしますので、お酒はほどほどにしましょう。妊娠は夫婦の共同作業です。男性が妊娠に協力するためにお酒の量を減らせば、その姿勢はパートナーに高く評価されることでしょう。

徐 大兼

徐 大兼
の記事をみる

 プロフィールを見る

●アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス 院長
●アルメディカ株式会社 代表取締役社長
●プレママプラス考案者
●日本不妊カウンセリング学会 認定 不妊カウンセラー

【略歴】
鍼灸師・日本不妊カウンセリング学会 認定不妊カウンセラー。
東京・青山の不妊治療専門「アキュラ鍼灸院」院長。
地域のドクターと連携し、ベストな治療計画を提案している。
現在は不妊鍼灸ネットワークを設立するなど、不妊鍼灸の啓蒙活動を極的に行っている。 また、養生・食育をベースに、オリジナルサプリメントやお灸の開発にも取り組んでいる。
著書に『カラダを温めれば不妊は治る!』があるほか、生活総合情報サイト「All About」にて不妊治療・東洋医学ガイドを務める。


関連記事


おすすめ記事