妊娠しやすいカラダづくりのために、家でもできる有酸素運動に挑戦!

天候を気にせず屋内で簡単な運動を

生活習慣を見直すことも妊活の1歩です。
体を動かすことが好きでない方は、天気が悪かったり、外に出るのがおっくうな時は、家に閉じこもってますます運動不足になりがちです。妊娠しやすいカラダづくりのために、家の中でもできる次のような手軽な有酸素運動をおすすめします。

①エア縄跳び

縄跳びロープなしで、縄跳びしている〝ふり〟をします。1分間に100回(15秒に25回)程度のペースで、1セット2000回を目標に。難しい場合は500回を1セットに、30秒~1分の休みを間にはさんで、くり返すと良いでしょう。

②エアロビクス

市販されているエアロビクスのDVD等を利用し、自宅で身体を動かしてみましょう。まわりの目を気にしなくて良いので、気楽にできます。

③エアロバイク

室内で自転車こぎを行う、運動用自転車モデルです。2万円程度で買えるので、気軽に家に置けそうです。最初から無理せず、ゆっくり十分に汗をかいてください。

自分に集中して、身体の声に耳を傾ける

ただし自宅で行なう運動は、どうしても単調で飽きやすくなりがちなので、飽きないように、集中して身体を動かす工夫も必要です。
例えば、室内を暗くして、iPodなどのMP3プレイヤーで20~30分を目安に音楽を聴きながら、身体を動かすのはどうでしょう。
周囲が暗くなるので気が散りにくくなり、自分の身体の状態に集中しやすくなります。

私たちは溢れるほどの情報の中で生活しているため、外からインプットされることには慣れていますが、自分の〝中〟からの情報と向き合うことに慣れていません。アウトプットされる情報こそ、あなた自身を活かすものであり、健康への道であるのに、それを聞き出すすべを知らないのはもったいないことです。
真っ暗にして目から入ってくる情報を遮断するだけでも、自分のカラダと心に向き合わざるを得ません。自然と心に浮かぶことを考えたり、直面している問題の解決策を練ったり、毎日の暮らしについて反省したりすることもいいでしょう。

「太ももの筋肉がだるくなってきた」「息があがってきた」など、身体の感覚にも敏感になれるでしょう。それを続けることで、自分自身と向き合うことでき、自分の身体からの情報を得られるようになります。
「1カ月前より楽に運動できるようになってきた」「運動しながら考えると、仕事の失敗がなんでもないことに思えてくる」と考えられるようになったりします。

心と身体の変化への気づきを続けるうちに、そうした気持ちが芽生えてくるでしょう。それこそ、心と身体が温まり、柔らかになってきたサインです。
逆に「今日は何だか早く疲れる。風邪を引いたのかもしれない」といった体調の変化にも気づきやすくなるので、早めに適切な対応ができ、体調も崩しにくくなります。

なかなか妊娠しない人の中には、自分自身でカラダのケアをあまりしていない人が意外と多いものです。
「運動は好きではない」と避けずに、身体を動かすことの快感に早く目覚めてください。そして心身が温まってきたら、また一歩、妊娠しやすい身体になっていくでしょう。

徐 大兼

徐 大兼
の記事をみる

 プロフィールを見る

●アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス 院長
●アルメディカ株式会社 代表取締役社長
●プレママプラス考案者
●日本不妊カウンセリング学会 認定 不妊カウンセラー

【略歴】
鍼灸師・日本不妊カウンセリング学会 認定不妊カウンセラー。
東京・青山の不妊治療専門「アキュラ鍼灸院」院長。
地域のドクターと連携し、ベストな治療計画を提案している。
現在は不妊鍼灸ネットワークを設立するなど、不妊鍼灸の啓蒙活動を極的に行っている。 また、養生・食育をベースに、オリジナルサプリメントやお灸の開発にも取り組んでいる。
著書に『カラダを温めれば不妊は治る!』があるほか、生活総合情報サイト「All About」にて不妊治療・東洋医学ガイドを務める。


関連記事


おすすめ記事